2012/07/27

8/3(fri.)"El-Brinco" @幡ヶ谷HEAVY SICK

8月3日深夜はコチラ!
GRASSROOTSで出会ったイケちゃん主催のパーティ"El-Brinco"で踊ります。
笹久保伸さんのライブをフィーチャーして、DJには山辺さん、ShhhhhくんにDischarge!
私は及川景子さんと立岩潤三さんとTANISHQ3人でライブ。珍しいメンツで楽しみです!!
立岩さんはドラム叩いちゃうかも♪これは相当レアかも。


"El-Brinco"

「えーーーーっ!呼んじゃうの!!!」これが先ずこのイベントに笹久保さんをブッキングしたと言われた時の第一声だ。笹久保さんの経歴など詳しくはプロフを見てもらうとして、当店の2011年度年間ベスト上位に選出した傑作で、ペルー発の『John Dowland Returns』を創作したご本人!!!「いや、マジでやっちゃうの!?」的な境地である。今回の、この奇跡的に突拍子もないブッキングの首謀者は、今秋、徳島に誕生する音楽バー「Bar Txalaparta(チャラパルタ)」の店主・池ちゃんだ。西新宿店から幡ヶ谷店への移転作業などもバリバリに手伝ってくれたアツイ人物が、四国へ帰る前に一大決心を発揮!「むちゃだよ~池ちゃん~」の周りのガヤもなんのその!徳島漢は、やっちゃいます!!! 今から『John Dowland Returns』を聴いて準備しておきましょう。しかし、笹久保さんのライブを一番楽しみにしてるの、オレとShhhhhだったりしてぇ~???
(山辺圭司/LOS APSON?)

2012.8.3. friday
at 
CLUB HEAVY SICK(東京・幡ヶ谷)
open/start 23:00
charge 2,000yen (1d)

*Special Guest Live
笹久保伸[Guitar]

*Live
及川景子[Violin]+立岩潤三[Percussion, Drums]+Tanishq[Dance]

*DJ's
Shhhhh
ヤマベケイジ
DJ Discharge

CLUB HEAVY SICK
東京都渋谷区西原2-27-4-B1F
TEL: 03-3466-1445
http://www.heavysick.co.jp/club/



笹久保伸
Shin Sasakubo [ギタリスト/作曲家]

東京に生まれその後1歳までペルーで過ごす。クラシックギターを学び内外のコンクールにて受賞多数。17歳の時にコスキン音楽祭(アルゼンチン)で演奏して以来世界各地で演奏活動を行う。

2004年~2007年はペルーで活動し、アンデス音楽とその人々の生活を学びながらイタリア、ドイツ、ギリシャ、ブルガリア、アルゼンチン、チリ、ボリビアにて演奏。2008年、来日したペルー大統領への演奏が企画された(ペルー大使館主催)。2010年、「秩父前衛派」を組織し音楽や詩の活動を展開。2011年、詩集「孤独の骨の夜」を発表。同年1月、イタリア・ミラノのアートスペース「スペース・シリン」およびローマ・カピトリーニ美術館(Campidoglio)にてリサイタルを行う。同年8月、アンデスの伝承音楽を調査研究し実践に生かすための方法を考える「流れる水の研究所」を組織。

CDはペルーのレーベルIEMPSA、TDV、XENDRA RECORDから13枚リリース。日本ではアオラコーポレーションよりリリースしている他、エイベックスから発売の「高橋悠治の肖像」にも1曲収録。作曲家の高橋悠治、杉山洋一、Sylvano Bussotti、Carlo Domeniconi、Elder Olaveらに新作を委嘱し世界初演を行っている。主に前衛的な現代作品やラテンアメリカ音楽、即興でギターを弾いているが、根本的には友人達と楽器で遊ぶ喜びがすべての活動のインスピレーション、モチベーションとなっている。

《おもな受賞》☆アルゼンチンコスキン音楽祭日本代表審査会 1位(最年少)☆日本ギターコンクール高校生の部 1位☆埼玉ギターコンクール 1位☆アムランコンクール(ラテンアメリカ音楽コンクール)2位☆日本ギター音楽大賞 2位☆日本J.Sバッハギターコンクール 3位☆J.Sバッハ国際ギターコンクール 4位(ドイツ)

New Album
翼の種子 Semilla de Alas
2012.8.5. on sale!
◎BNSDX-7001
¥2,625(税込)
発売元:BEANS RECORDS/(株)アオラ・コーポレーション